防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ防錆処理の方法>亜鉛メッキの防錆方法
 屋外で長期に使用される資機材では、高い防錆性能を持つ亜鉛メッキによる防錆がなされています。
 亜鉛メッキは優れた防錆性能を持ちますが、物理的な衝撃等で傷がついた時、メッキの隙間から錆が発生します。
 亜鉛メッキがなされた構造物では、防錆には専用の防錆剤を使用しなければなりません。
・亜鉛メッキ加工について
 亜鉛メッキの防錆性能がとても高いことで知られています。亜鉛メッキの工作物では、防錆の加工方法だけでなく、使用するボルト等についても専用の物が使われています。
 専用の物は割高ですが、不用意に適合性のない物を使用しないよう十分な注意が必要です。

亜鉛メッキの防錆処理

  • カンペハピオ ジンクリッチスプレー
  • ・使用資機材

    ・金属ブラシ
    ・専用防錆剤
    (写真:カンペハピオ ジンクリッチスプレー )

  • 亜鉛メッキの錆
  • ・錆の個所

     亜鉛メッキの傷に発生している錆びです。メッキが傷ついたところにのみ、錆が発生しています。

  • 錆取り
  • ・錆取り

     金属ブラシを用いて錆取りを行います。

  • 防錆処理
  • ・防錆処理
     20cm程度の距離から軽く吹きかけます。掛け過ぎ(厚塗り)に注意します。
  • 防錆の重ね塗り
  • ・重ね塗り(2~3回程度)
     1回塗装した後、乾いた状態です。塗料がひび割れするため、厚塗りの斑が目立ちます。
     防錆剤が乾いたのを確かめ重ね塗りを行い、防錆処理が完了です。
・防錆処理の仕上がり
 シルバーの亜鉛メッキに補修を行った場合、色に大差はありませんが塗料と元のメッキ部分の艶が異なります。

 次ページ:防錆処理の方法 に戻る

防錆処理の方法内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る