防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ共通メンテナンス項目バッテリーのメンテナンス方法>バッテリー端子の錆取り・増し締め
 バッテリー本体の点検にあわせ、通電部分となる端子部分の腐食。緩みを確認します。エンジン始動トラブルの原因には、端子の緩みであることがあります。

バッテリー端子のメンテナンス方法

  • ・バッテリー端子(ターミナル)

     バッテリー端子のナットに錆が発生しています。ブラシで錆をこすり落とします。

  • ・バッテリー端子の防錆処理

     錆を落とした端子にグリスを吹きかけて防錆処置を行います。

  • ・バッテリー端子の増し締め
     端子に緩みが無いかを確認し、増し締めを行います。管理人は、冬季もエンジンを始動させるため増し締めをして終了です。
・端子の増し締め防錆処理は車体側にも
 端子の増し締め防錆処理はバッテリー側だけでなく、車体の接続部分にも行います。
 今回の機械では、バッテリの裏側で-端子がボディと接続されていました。作業ができる場合は、ボディ側の端子も防錆処理と増し締めを行います。

 次ページ:バッテリー粉吹き原因と対処方法

共通メンテ内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る