防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ共通メンテナンス項目>外れないナットの外し方
 経年劣化による錆などで固着して外れなくナット。不適切な道具や力任せに作業を行うとナットを舐めて余計外れなくなります。固着したナットを外す時は固着した箇所を剥がす手段を行い、適切な道具により最大限力を加える相乗効果によりナットを外します。
外す方法
 固着して程度に合わせ、複数の方法を組み合わせてナットを外します。
・レンチの種類を変える
 モンキーレンチ等のレンチは、ナットの抑える箇所が少ないため大きな力を加えることができません。メガネレンチやコンビネーションレンチの丸い方。ソケットタイプのラチェットレンチなどナット全体に力を加えるものを使用します。
・ハンマーによる打撃
 固着した箇所を剥がす為にハンマーで打撃を加えます。強く固着しているのはねじ山の締まる時に摩擦が働く側(ボルトから見てナットの外側となる面のねじ山)のため、打撃はボルトの傘の上から。又はナットからボルトの傘方向に向けて行えることが理想です。但しナットの場合、打撃面がないため外側から内側に打撃を行います。
・浸透潤滑剤の使用
 クレ5-56等の浸透潤滑剤を使用して固着を外します。クレ5-56より値段が高いですが、ワコーズのラスペネを使用するとより効果があります。使用では、浸透潤滑剤等がレンチ等が接する面に付着するとナットが削れて舐める原因となるため、使用箇所に注意が必要です。
・ガストーチ(バーナー)の使用
 トーチで加熱することによる熱膨張を利用してナットの固着を剥がします。

外れないナットの外し方

  • 固着したナットを外す道具
  • ・使用資機材
    ・ガストーチ(バーナー)
    ・コンビネーションレンチ
    ・ハンマー
    ・金属ブラシ
    ・浸透潤滑剤(クレ5-56)
     バイスプライヤー(写真から2個目)は本ページでは使用していません。
  • 固着したナット
  • ・固着したナット
     取り付けから10年以上が経過したナットのため、ネジ山が腐食し、金属部が癒着したいます。
     写真はトラクターのロータリーの腐食したナットです。
  • ・コンビネーションレンチ又はメガネレンチ
     比較的大きな力を加えることができる適合サイズの丸いレンチで緩めます。
     緩めるとき、緩める方向と締め付ける方向の交互に力を加えて徐々に可動範囲を増やします。
     全く動かない場合は、更に別の方法を併用します。
  • ナット打撃
  • ・ハンマーの使用
     ハンマーを使用して固着したナットに打撃を加えます。打撃による衝撃で内部の固着した箇所を剥がします。
     打撃はナット部又はボルトの傘に対して行います。四方から打撃を加えて後、メガネレンチ等で使用します。
  • 錆落とし
  • ・浸透潤滑剤の使用1
     浸透潤滑剤を適切に使用するために錆ついたねじ山部。座金(ワッシャー類)を金属ブラシで錆を落とします。
     錆を落とすことで浸透潤滑剤が浸透し易くなる。座金やボルトとナットの境界線が判り易くなります。
  • 浸透潤滑剤クレ5-56
  • ・潤滑剤の使用2
     浸透潤滑剤としてクレ5-56を使用します。
     浸透潤滑剤の油分は、ナット表面に付着すると削り油の役割によりレンチで大きな力を加えることができなくなります。ナット表面にかからないように使用量と使用する箇所に注意します。
  • ナット
  • ・潤滑剤の使用3
     クレ5-56をナットとボルトの隙間。座金(ワッシャー)の部分にだけかけて数分程度馴染ませます。掛けすぎた場合、余計な部分の油分はウエスで拭取る。トーチの火で炙って油分を燃やす等して除去します。
  • レンチによる取り外し
  • ・潤滑剤の使用4
     浸透潤滑剤が十分に馴染んだころにメガネレンチ等の適切な工具で力を加えます。
     これでも外れなければ、ガストーチを使用します。
  • ガストーチの使用
  • ・ガストーチの使用
     ハンドタイプのガストーチでナットを炙ります。
     基本的に炙り時間を長くする(高温にする)ほど、熱による膨張が大きくなるため、固着が外れて緩みやすくなります。
     ガストーチで炙った後に、浸透潤滑剤を使用すると熱膨張で出来た隙間に浸透潤滑剤が入りやすくなる相乗効果が生まれます。
  • 外したナット
  • ・外した箇所
     推定約20年が経過していたたため、ボルトの先端。及び座金がの設置していた箇所が錆びていました。
     ボルト・ナット・座金共に廃棄し、新品と交換します。
・その他
 ナットが外れない時のこの他の方法として、ナットブレーカー(ナットクラッカー)を用いてナットを割る。グラインダーを使用して切断する等の方法があります。
 但し、ナットクラッカーはステンレスボルトや焼入ナットには使用できません。

 次ページ:なめたナットの外し方

共通メンテ内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る