防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ>トラクターのメンテナンス方法
 耕うん作業に使用するトラクターの主な整備メンテナンス内容です。トラクターは埃が多い作業環境であるため、エンジン内部にまで細かいゴミが入るためオイルやフィルターの交換と清掃。屋外使用のため防錆のためのグリスを怠ると摩耗と腐食が侵攻し寿命が大きく低下します。"
・紹介に使用した機種
・ヤンマートラクター F5 ロータリ
・イセキトラクター TM15F

・その他
 メーカートラクターはオイル・グリス・クーラントに至るまで細かなメーカー指定があります。汎用品を代用してメンテナンスをしています。古い機械なら関係ありませんが、新品の状態で真似て不具合を出た場合、保証期間内でもメーカー保証が効かなくなる場合があります。自己責任で参考にしてください。

トラクターのメンテナンス内容

この他
 ミッションオイルについて、管理人は油漏れがない限り確認していません。ミッションオイル等を交換する時、多くのトラクターで油圧とミッションが兼用されています。ミッションオイル(油圧オイル)については、メーカー指定品を使用することをおすすめします。(不具合が発生したとき、特に修理費が高いため。)

 次ページ:トラクターエアークリーナーエレメントの掃除

トラクターメンテ内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る