防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ>ネジの緩み止めの方法
 農業機械をはじめ振動が加わる箇所に使用されるボルトやナット。ネジ類の取り付けでは、適正に締め付けても振動で徐々に緩み、外れるトラブルがあります。
 緩み易い箇所のネジ等の取り付けでは、緩み防止のため専用のネジロック剤を用いる方法や、汎用の瞬間接着剤の使用。スプリングワッシャーなどを用いる方法により緩み止めを行うことが出来ます。
主な緩み止めの方法
・スプリングワッシャー(ばね座金)による方法
 固定物とボルトの間や、ナットと固定物の間に挟むことで緩みにくくします。締め付け時にバネが潰れることで軸力を発生することで緩み難くします。 「スプリングワッシャー(ばね座金)の使い方」へ

・瞬間接着剤による方法
 締め付けたネジの側面からワッシャー等に瞬間接着剤を染み込ませネジと固定部等を固着させます。専用品がなくても金属に使用できる市販の瞬間接着剤で用意に行うことが出来ます。

・ネジロック剤による方法
 ネジを緩み止め専用の薬剤を用いて緩まなく方法です。ネジロック剤の種類により、ネジをロックする強度が異なり、外すことがあるネジに用いるものから、一度用いると用意に外すことが出来なくなるももあります。 「ネジロック剤の使い方」へ

・塗料による方法
 締め付けたネジの上から錆び止め剤やラッカースプレーなどの塗料をかけます。ネジが目立たなくなる反面、ねじ周囲の固着やねじ山が埋まるため取外しが困難となります。

主な緩み止めの方法

  • ネジロック剤の使い方
  • ネジロック剤の使い方

     取り付けるネジ部にネジロックと呼ばれる専用の接着剤を用いて緩まなくします。
     ネジロック剤の種類により、再度取り外しが可能な強度や、用意に外すことが出来ない強度を選択することが出来ます。

  • スプリングワッシャー(ばね座金)の使い方
  • スプリングワッシャー(ばね座金)の使い方

     固定物とボルトの間や、ナットと固定物の間に挟むことで緩みにくくします。締め付け時にバネが潰れることで軸力を発生することで緩み難くします。

  • 瞬間接着剤によるネジの緩み止め
  • ・瞬間接着剤による方法

     締め付けたネジの側面からワッシャー等に瞬間接着剤を染み込ませます。
     瞬間接着剤は空気中の水分に反応するため予めネジ部に塗って取り付けても効果がないため、取付後にネジの側面から染み込ませるように塗って固着させて緩み防止にします。

 次ページ:ネジロック剤の使い方

ネジの緩み止めの方法内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る