防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ共通メンテナンス項目農機具のエンジンオイル交換方法>農業機械のエンジンオイル交換時期
 トラクター等のディーゼルエンジン、草刈機等のガソリンエンジン。噴霧器等の農業機械には様々なエンジンオイルが用いられています。エンジンオイルについては、機械ごとに個別に用意する必要はなく、粘度とグレードについて各機械が定める条件さえ満たせば兼用で使用することができます。
 また、経験談として高品質な物を用いるより、古い農業機械がある場合には、あえて安価な物を用意することで結果としてトラブルを予防できる場合もあります。

農業機械のエンジンオイルのグレード

 農業機械の交換実施時期については、春先・秋口(片づけ時)等諸説ありますが、其々にメリット・デメリットがあります。使用環境に沿ったオイル交換が機械には一番です。

オイルの種類
・鉱物油
 原油(鉱物)から生成された安価なエンジンオイルに主流で用いられる一般的なオイルです。

・化学合成油
 割高の製品に多いエンジンオイルです。ナフサという成分から合成したオイル安定性が高い、洗浄力が良い。油膜形成力に優れる等の高性能な品質を強調しています。

エンジンオイル表記の見方
 
・SAE
 潤滑油の粘度の規格を表しています。オイル缶等にはSAEの表記がなく数字(10W-30)のみ記載してあることが一般的です。

・10W-30
 オイルの粘度を表しています。10Wが低温環境下の性能(粘度)。30が高温環境下での粘度を表しています。

・SL/CF
 SL:Sがガソリン用。Lがガソリンエンジンで用いた場合のグレード(等級)
 CF:Cがディーゼル用。Fがディーゼルエンジンで用いた場合のグレード(等級)
 /を用いて併記されている場合には、ガソリン用・ディーゼル用の双方でそれぞれ表記されたグレードとして使用することが出来る兼用オイルです。
 SL(CF)一方のみの表記である場合、ガソリン(ディーゼル)専用オイルです。

・オイルの粘度
 エンジンオイルの粘度は、数字が大きさが粘度の大きさを表しています。オイル粘度が性能を満たさない場合、エンジンの摩耗が進み致命的なダメージを与えるため特に注意が必要です。
 粘度の見方が良くわからない方は、必ず機械の表記と同じ粘度のエンジンオイルを使用します。見方と意味が判る場合には、使用環境下に合わせて調整します。

・オイルのグレード(等級)
 エンジンオイルには洗浄能力等の違いからガソリン用、ディーゼル用の2種類と、両方に使用できる兼用の物があります。ガソリン用・ディーゼル用の違いはオイル缶に表記してある他、グレードを表すアルファベットで確認する事ができます。
 アルファベット2文字の後ろの1文字がABC順に大きいほど、高いグレードの物となります。基本的に、上位グレードであれば、下位グレードの基準を満たしていることから使用することが出来ます。

・ガソリンエンジンオイル
 SA < SB < SC < SD < SF < SG < SH < SJ < SL < SM < SN

・ディーゼルエンジンオイル
 CA < CB < CC < CD < CE < CF < CF-4

農業機械のエンジンオイルの選択
 農業機械は長く使用する為、中には10年以上は当たり前。20年以上前の機械が現役で多く稼働しています。古い農業機械のエンジンオイルのグレードは、ガソリンエンジンで「SD以上」、ディーゼルエンジンで「CC以上」等、現在市販されている製品と比較し、かなり低いグレード条件です。
 これら古い農業機械に必要以上に高性能のエンジンオイルを使用すると、オイルシール等が劣化する等故障を誘発することがあります。必要以上に高品質なエンジンオイルを用いず、あえて安価に市販されている製品から必要要件(粘度・グレード)を満たしたものを選びます。

・オイル選択の例:
・合成油(高価)ではなく、鉱物油(安価)を選択する。
 合成油は、古い時代の機械(エンジン)では対応していないことがあります。また、優れた洗浄力が結果的にエンジン内部のオイルシールを痛めることがあるため、鉱物油を使用します。

・SM、SN、CF-4等のハイグレードを選ばない。
 現在市販されているエンジンオイルは、SL以上。CF以上が主流であり、これを下回るグレードのオイルを入手することはむしろ困難です。農業機械のエンジンオイルのグレードが低い場合、安価なエンジンオイルでも十二分に性能条件を満たしています。不必要に高価なハイグレード(SM、SN、CF-4)を選ばないようにします。

 次ページ:オイルフィルターレンチの使用方法と注意点

共通メンテ内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る