防風林ナビ

農業機械メンテナンスナビ共通メンテナンス項目ラジエーター液交換>LLC(クーラント液)の廃棄・処分方法
 ラジエーター液に使用される不凍液LLC(ロングライフクーラント液)の主成分であるエチルグリコールは甘い匂いがしますが、毒性があり人や動物に有毒であるため、誤飲することで中毒症状を引き起こすことから適切に廃棄処分しなければなりません。
LLC(クーラント液)の廃棄方法
 LLCの廃棄では、液体のまま専門業者へ持ち込んでの処分。又は、固形化して燃えるゴミとして処分することができます。
 下水やトイレ等に流す。側溝等に流すことは法律により禁止されています。
・液体のまま専門業者での処分
 産業廃棄物専門業者に持ち込まなくても、自動車整備工場やガソリンスタンドに廃棄するLLCを容器に詰めて持ち込むことで処分することができます。
 事前にLLCの持ち込み処分が可能か確認し、持ち込むことで通常は安価(数百円程度)に処分することができます。馴染みの工場、ガソリンスタンドではサービスで処分してくれるこもあります。

・燃えるゴミとして処分
 高吸水性ポリマー等を使用して廃液を吸収して固形化して燃えるゴミとして処分します。
 高価な専用品がなくても、紙おむつ(内部が高吸水性ポリマー)で代用することができます。メーカー毎に違いはありますが、子供用紙おむつのビックサイズ(XL)では1枚で最大1リットル程吸収することができます。液体が漏れ出ると処分できなくなるため、最大吸収量をあてにせず、多めに使用します。

・その他
 廃油処理パックやボロ布、新聞紙に吸収させて燃えるゴミとして処分することが出来ます。 しかし、エンジンオイル等を想定した廃油処理パックでは、完全な液体であるLLC(クーラント液)を完全に吸収するには荷が重く、吸収させるには複数個に分ける。十二分な容量のものを使用する必要があります。
 また、車や農業機械に使用されるLLC(クーラント液)の量も多いことから、廃棄量が少量となる場合以外では難しいです。
 吸収が不十分で液が漏れると、燃えるゴミとして回収されないだけでなく、周囲を汚染するなど大変迷惑がかかります。

LLC(クーラント液)の廃棄・処分方法

  • LLC(クーラント)の容器への詰め替え
  • ・LLC(クーラント)の容器への詰め替え
     2リットルのペットボトルに漏斗をさして廃棄するLLC(クーラント)を詰めます。
     農業機械や車でも2リットルのペットボトル2~4本あれば足ります。
     廃棄のための搬送時に漏れると大変なため、詰めたペットボトルは、コンテナやバット等に入れて運びます。
  • 紙オムツを使用した廃棄ボックス
  • ・紙オムツを使用した廃棄ボックス
     廃液を受けるための段ボールに、厚手のビニール袋と紙おむつをセットします。
     写真は、廃棄予定のLLC(クーラント)2.5リットルに対して、紙おむつは子供用ビックサイズ(XL)で余裕をみて6枚使用しています。
  • 紙オムツを開いて吸収させる
  • ・紙オムツを開いて吸収させる
     紙おむつの高吸水性ポリマーは内側から吸収する設計のため、紙おむつを開いて並べます。開かなくても吸収時間が長くなるだけで支障はありません。
  • 吸収させたLLC(クーラント液)
  • ・吸収させたLLC(クーラント液)
     廃棄するLLC(クーラント液)を吸収させた紙おむつです。液体が残っているようなら、紙おむつを追加します。
  • 燃えるゴミとしての廃棄状態
  • ・燃えるゴミとしての廃棄状態

     液体を完全に吸収出来たことが確認できたら、袋を閉じて密閉します。
     写真は、オムツを入れた内袋を閉じ、更に外箱ごと2重に密閉して燃えるゴミとして廃棄します。
     燃えるゴミとして処分するには、
    ・液体状態がないこと。
    ・容易に漏れ出ない状態であること。が必要です。

 次ページ:農機具のエンジンオイル交換方法

共通メンテ内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る