農業機械メンテナンスナビ

農業機械メンテナンスナビハンマーナイフモアのメンテナンス方法>エアクリーナーと吸気部の清掃
 ハンマーナイフモアは、自ら刈取る草や作業に伴い撒き上がる土埃等が漂う過酷な環境で使用されます。エンジン不調とならないよう燃焼のためのエアクリーナーなどの吸気系統や、放熱のためのリコイルスタータカバーの空冷系統のメンテナンスを行います。
・メンテナンス頻度
 ・エアクリーナーカバー:毎回始業の都度
 ・エアクリーナの清掃:25時間毎、ほこりの多い場所の使用では10時間又は1日1回※1
 ・オイル交換:50時間毎 ※1
 ・エレメント交換:300時間毎
 ※1当サイトの管理人は果樹園内のみの使用で、1シーズン終了後に1回清掃と交換をしています。
 ・リコイルスタータカバーの清掃:毎回始業の都度

・清掃に必要な用具
 ・OA用ダストスプレー、又はコンプレッサ等のエアー
 ・エンジンオイル(SAE10W-30相当)
 ・灯油
 ・小さなブラシ(歯ブラシでも可)
 ・使い捨てポリエチ手袋(ゴム手袋でも可)

エアクリーナのメンテナンスとリコイルスタータの清掃内容

  • エアクリーナの清掃用具
  • ・エアクリーナの清掃用具
     ・OA用ダストスプレー、又はコンプレッサ等のエアー
     ・エンジンオイル(SAE10W-30相当)
     ・灯油
     ・小さなブラシ(歯ブラシでも可)
     ・使い捨てポリエチ手袋(ゴム手袋でも可)
  • エアクリーナとエアクリーナーカバー
  • ・エアクリーナとエアクリーナーカバー
     メンテナンスを行うエアクリーナとカバーです。
     エアクリーナ等を分解して清掃を行います。
  • エアクリーナーカバーの点検と清掃
  • ・エアクリーナーカバーの点検と清掃
     エアクリーナーカバーに穴や破れがないか点検します。ゴミをエアーで吹き飛ばして清掃します。
  • エアクリーナーの取外し
  • ・エアクリーナーの取外し

     クランプ(留め具)を外してオイルパンとエレメントを外します。

  • オイルパンの清掃
  • ・オイルパンの清掃

     オイルパンの古いオイルと捨て、底に溜まった土や草片などのゴミを清掃します。ゴミなどの汚れはウエス等で拭き取ります。灯油で洗浄するスッキリときれいに出来ます。

  • オイルパンに新しいオイル
  • ・オイルパンに新しいエンジンオイルを入れる

     オイルパンのレベル線まで新しいエンジンオイルを入れます。

  • エレメントの清掃
  • ・エレメントの清掃
     灯油にエレメントを浸して洗い、清掃します。エレメント(スポンジ)と金具が癒着し、剥がす際に破れそうな時は、無理に外さずに金具に付けたまま清掃します。
     清掃後、しっかりと乾かします。
     乾いたエレメントはエンジンオイルに浸して固く絞って余分なオイルを振り落とします。
     エレメントは弱く、作業では優しく丁寧に扱います。 
  • エアクリーナー組付け
  • ・エアクリーナー組付け

     エアクリーナーにエレメントとオイルパンを元通り組付けます。

  • リコイルスタータカバーの清掃
  • ・リコイルスタータカバーの清掃

     リコイルスタータカバーのメッシュは、エンジンの熱を放熱する吸気口になっているため、草片などのゴミが貼り付きます。
     エンジン始動前にその都度、メッシュに貼り付いたゴミを軍手等でこすり落とします。

  • エンジンの放熱フィンの清掃
  • ・エンジンの放熱フィンの清掃

     リコイルスタータカバーの清掃行っていても、使用環境や長期に使うと内部のエンジン回りのフィン(放熱のための羽根のような突起)にゴミが堆積して放熱が悪くなります。
     フィンに堆積したゴミは、ウエスを当てたマイナスドライバ等の先端で擦る。エア吹きかける等して清掃します。※2


※2エンジンの放熱フィンの清掃
 エンジンの放熱フィンのゴミは、数年にかけて徐々に堆積するものであり、通常定期的な清掃は必要ありません。コンプレッサエアーが使用できる場合には、シーズン終わりの片付け時等にフィンに吹きかけて清掃しておくことで堆積を防ぐことが出来ます。

 次ページ:燃料フィルタポットの清掃

ハンマーナイフモアのメンテナンス方法内メニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る